“藤豆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふぢまめ60.0%
ふじまめ40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吹散りたり。ぎぬ。藪垣なる藤豆の、も、にして、あり。たで露草みだれす。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
夕顏には、豆府かな——茄子や、胡瓜藤豆、いんげん、さゝげの——あしたのおつけのは……
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
子供がいたずらに小石でも投げたかと思ったが、そうではなくて、それは庭の藤棚藤豆がはねてその実の一つが飛んで来たのであった。
藤の実 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
その声が、耳近に聞こえたが、つい目前の枝や、茄子畑の垣根にした藤豆葉蔭ではなく、歩行足許の低い
海の使者 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)