“蛍烏賊”の読み方と例文
読み方割合
ほたるいか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まるで億万おくまん蛍烏賊ほたるいかの火を一ぺんに化石かせきさせて、そらじゅうにしずめたというぐあい、またダイアモンド会社で、ねだんがやすくならないために、わざとれないふりをして
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
——敵はいずれも全身から蛍烏賊ほたるいかの如き青白き燐光りんこうを放つ。
二、〇〇〇年戦争 (新字新仮名) / 海野十三(著)
するとどこかで、ふしぎな声が、銀河ステーション、銀河ステーションとう声がしたと思うといきなり眼の前が、ぱっと明るくなって、まるで億万の蛍烏賊ほたるいかの火を一ぺんに化石させて、そら中にしずめたという工合ぐあい
銀河鉄道の夜 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)