“蛍狩”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほたるがり75.0%
ほたるが25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蛍狩”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
が、今年もおそろひの派手な縮み浴衣ゆかたを着は着ても、最早もはやそのすそから玉のやうなかかとをこぼして蛍狩ほたるがりや庭のすずみには歩かなかつた。
老主の一時期 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
「では、蛍狩ほたるがりをなさいませんこと? お庭へ出て、———」
蛍狩ほたるがりでもあるまいに、淀橋上水堀の道もないあたりを、狐にでもかされたような三人男が歩いていた。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)