老主の一時期ろうしゅのいちじき
「お旦那の眼の色が、このごろめつきり鈍つて来たぞ。」 店の小僧や番頭が、主人宗右衛門のこんな陰口を囁き合ふやうになつた。宗右衛門の広大な屋敷内に、いろは番号で幾十戸前の商品倉が建て連ねてある。そのひとつひとつを数人宛でかためて居る番頭や小僧 …
作品に特徴的な語句
たちどま ずま びょう すぐ 仰々ぎょぎょう とざ 羅衣らい なま くわだ 最早もは しな かえ かろ くい あやし 工合ぐあ 乳呑ちのみ 額付ぬかづ はなぶさ にわ すわ しば こく 懺悔さんげ 聳目そばめ 禿はげ から 竹椽たけえん うれ 蒲団ぶとん べに ついや かたど 老婢ろうひ ばば 嬌態きょうたい ずつ ごう ひつぎ すく つい うす ひざ 腑脱ふぬ 聯想れんそう 耳盥みみだらい しか 老松おいまつ うらや 羞恥しゅうち 美貌びぼう たた 生憎あいにく 異形いぎょう 白毫びゃくごう しわ まゆ 眉毛まゆげ 眉間みけん 真鍮しんちゅう 眩暈めまい 瞑目めいもく まぶた 矛盾むじゅん 矜持きょうじ 破綻はたん 納所なっしょ 繁昌はんじょう 縷述るじゅつ 綺麗きれい はす 素気そっけ はず ふし