“夏衣”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なつぎ33.3%
なつぎぬ33.3%
なつころも16.7%
なつごろも16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夏衣”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
旅の荷物の中からは、お雪が母に造って貰った夏衣なつぎの類が出て来た。ある懇意な家から餞別せんべつに送られたというまるみのある包も出て来た。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
瀟洒しょうしゃな西洋人は、今自分のまへを通りすぎて行く、日本の女にしてはめずらしいまでに肢体の調つた少女の上に、はじめは寧ろ驚異に近い眼を注いでゐたが、やがて瞳は好奇と欲望の光を帯びて来て、その眼眸は薄い夏衣なつぎの下に、真弓の美しく発達した腰や脚の形をふらしかつた。
水と砂 (新字旧仮名) / 神西清(著)
夏衣なつぎぬ生絹すずしが裾の高踵たかかがとなんぞわらべが少女さびする
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
夏衣なつぎぬ生絹すずしが裾の高踵たかかがとなんぞわらべが少女さびする
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
夏衣なつころも立田河原の柳かけすゞみにきつゝならすころかな
すゞし (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
帽はさきに脱ぎたるまま、酒店に置きて出でぬれば、乱れたるこがね色の髪は、白き夏衣なつごろもの肩にたをたをとかかりたり。
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)