“夏空”の読み方と例文
読み方割合
なつぞら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もとには、さな家屋がたてこんで、物干しの洗濯物が、夏空で、にひるがえり、すこしばかりので、子供が、ごっこをしてんでいました。
風はささやく (新字新仮名) / 小川未明(著)
しづかなり夏空
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)