“泡盛”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あわもり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“泡盛”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 工芸 > 工芸16.7%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
日々の生活に用いる茶碗とか皿とか鉢とかはいずれも皆「上焼」でありまして、「南蛮」の方は主に泡盛あわもりかめこしらえます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
頭をあげると、頭がキリキリと痛んだ。「こりゃ宿酔ふつかよいだ。昨夜泡盛あわもりを、そうだ朝野君に教えてもらった泡盛屋で飲みすぎて……」
如何なる星の下に (新字新仮名) / 高見順(著)