“雲海”の読み方と例文
読み方割合
うんかい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ涯しなく拡がった雲海のうえを、気球は風のまにまに漂流しつづけるのであった。そのに、生物の影は、なに一つとしてうつらぬ。
空中漂流一週間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
やはり灰白色の雲海だけである。雲の層に厚薄があるらしく、時々それがちぎれて、納豆の糸を引いたような切れ目から、丘や雑木林や畠や人家などが見える。しかしすぐ雲が来て、見えなくなる。
幻化 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)