“五月晴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さつきば57.1%
さつきばれ28.6%
つゆばれ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
胡粉絵の色をした五月晴れの空が横たわって、その下を吹く明るい風が、目下工事中の解放治療場の作業の音を、次から次に吹込んで参ります。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
二股じゃ。」と車夫が答えた。——織次は、この国に育ったが、用のない町端まで、小児の時にはかなかったので、名に聞いた、五月晴の空も、暗い、その山。
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
五月晴の海のやうなる多摩川や酒屋の旗やのかぜ
恋衣 (新字旧仮名) / 山川登美子増田雅子与謝野晶子(著)