“五月蠅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うるさ76.3%
うるさい9.3%
うるさく4.2%
うるせ4.2%
うるそ1.7%
ごがつばえ0.8%
さばえ0.8%
さばへ0.8%
せから0.8%
サバヘ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
男子なる方は、五月蠅きことに思ったのであろう。われわれはこれから、コルシカはタラノの谿谷へ虎狩りにゆくつもりであること。
男教員の述懐、女教員の蔭口、其他時間割と月給とに関する五月蠅ほどのみと争ひとは、是処に居て手に取るやうに解るのである。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
云掛る人など有て五月蠅も腹立敷も有ども何事も夫の爲且はある亭主への恩報じと思へば氣を取直して宜程にあしらひつゝ月日を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「ええ五月蠅え! こん畜生! つべこべ云わずと早く逢わせろ!」
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
だから日中歩こうものなら、町の餓鬼どもがって来て、ワイワイ囃して五月蠅うござんすがね。折柄夜中で人気はなし、家の陰から陰を縫って、尾行て行くには持って来いでさあ。
大捕物仙人壺 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
うじが成虫になってはえと改名すると急にが悪くなるように見える。昔は五月蠅と書いてうるさいと読み昼寝の顔をせせるいたずらものないしは臭いものへの道しるべと考えられていた。
自由画稿 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
また五月蠅なす悪しき神などという古記の文句もあるので、田の神とは直接のがりはなさそうであり、いて関係を付けるならば、無意識なる外形の感染があった位のものであろう。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「年長く病みし渡れば、月ね憂ひひ、ことごとは死ななと思へど、五月蠅なす騒ぐ児等を、ててはは知らず、見つつあれば心は燃えぬ」
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
又、私の袖を引きますので五月蠅しい奴と思うて振向きますと、大惣の奴、熱で黒くなった舌をめずりまわしております。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
神代の物語として、語部の伝へた詞章には、威力ある大神隠れ給ふ時、木草・岩石に到るまで、恣に発言した。さうして到る処に、其声の群り充ちたこと、譬へば五月蠅の様であつたと言ふ。