“うるさ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
40.1%
五月蠅35.7%
蒼蠅12.3%
五月蝿2.8%
懊悩1.6%
蒼蝿1.6%
可煩1.2%
煩冗0.8%
煩悩0.8%
煩瑣0.8%
0.4%
五月繩0.4%
夏蝿0.4%
嫌忌0.4%
0.4%
頻繁0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白雪 ええ、いな、お前たち。義理も仁義も心得て、長生したくば勝手におし。……生命のために恋は棄てない。お退き、お退き。
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
特殊な団欒を持たないので、紋切型の社交が殊更に五月蠅く感ぜられ、齢と共に沁々と孤独なる喜びが身に沁み渡るやうであつた。
群集の人 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
この女はある親戚の寄寓しているので、そこが手狭な上に、子供などが蒼蠅いのだろうと思った私の答は、すこぶる簡単であった。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
私は五月蝿く思い乍らも何うすることも出来ませんので黙って絵筆ばかりを動かしている中に、どうやら斯うやら其風景画は完全り出来上って了いました。
温室の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
お見舞に出なければ済まないと考へまする訳がございますからで、その実、上りますれば、間さんはつて私の伺ふのを懊悩思召してゐらつしやるのですから
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
執拗ねく問わるることの蒼蝿くて、口に出づるまま、あらぬことをも答えけるに、その人大いに驚きたる様子にて、さては藤井氏の親戚なりし、奇遇というも愚かなるべし
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
折入って旦那様に聞いてやって頂きたいので、しく申上げませんと解りません、お可煩くなりましたら、面倒だとおっしゃって下さりまし、直ぐとお茶にいたしてしまいまする。
政談十二社 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
つて主人子供煩冗がるに、しもそれをにする樣子にも態度にもえないのをましくつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
不可のう、早くしや早くしや、小児って煩悩いからの。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
此所にゐると、もう何所とも交渉はない。氣樂です。くりしてらつしやい。實際正月ふものは豫想外煩瑣いものですね。昨日どへと/\に降參させられました。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
はもさうかもないでは御座いませんか! さも無ければ、私何も貴方にがられる訳は御座いませんさ、貴方も私をいと思召すのが、現に何よりの証拠で。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
来るに何のかのと申しますのを、体好るんで御座いますけれど、もうく来ちや、一頻なんぞは毎日揚詰に為れるんで、私はふつふつ不好なんで御座います。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
當事者たる彼等には五月繩支障をこつそりと退けねばらぬ焦燥つたいまないのに
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
五月繩には一時めて對手つたりいたり、特性のつゝましさをつて拍子多勢まれつゝ反覆しつゝる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「アノ様な恐ろしい、アノ様な荒れ果てた屋敷を何故買うか」など人に怪しまれるが夏蝿いとて、誰にも話さず直ぐに余を呼び附けて一切買い受けの任を引き受けろと云われた。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
ぞやもかたもの只一人ものふとは、はんもうらかし、人知らぬみに、昨日一昨日雪三訪問さへ嫌忌くて、くもはさゞりしを
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「ああ、ただもう家名をけないようにって、耳く言って聞かせるのよ。堅い奴だが、おいら嫌いじゃあねえ。」
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
犬は首をあげ、耳をしゃんとてて、雑鬧の中を進んで行った。交通の頻繁い街を横ぎるときなどは、鎖をピンと張るようにして、機敏に主人を導くのであった。
幻想 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)