政談十二社せいだんじゅうにそう
東京もはやここは多摩の里、郡の部に属する内藤新宿の町端に、近頃新開で土の色赤く、日当のいい冠木門から、目のふちほんのりと酔を帯びて、杖を小脇に、つかつかと出た一名の瀟洒たる人物がある。 黒の洋服で雪のような胸、手首、勿論靴で、どういう好みか …
作品に特徴的な語句
いやッ 打擲ひっぱた もやし きわみ まじわ けがら なんに ある ずき 重量おもり かえり 年齢ねんぱい きつ せなか きまり あい 退すさ あたり ゆき 莞爾にこ ひやや かぶり あかり こもり 女房おかみ とおり づめ わし あつかい 整然ちゃあん ししむら 入込いりごみ がれ やぶれ ぬすみ ぬか おおき すき まこと 慄然ぞっと わが たなそこ あかる さかり 一時ひとしきり えい えにし うえ 身上みのうえ なく おなか ことば 見返みかえり 西北さいほく うれい 鼻頭はながしら げん におい 顔色かおつき むすめ 女房かみさん あらわ たか しゅうと すぎ ごし かげ ひっ 強請ねだ なり うしろ 御罰おばち あやし あらた 直視みつ 癩病かったい 病後やみあが うたぐ さわやか ともしび うぬ まばゆ たたり わし 素直まっすぐ ステッキ におい 薄紅うすあか 所為しわざ ふせ かさ おろか