“揚詰”の読み方と例文
読み方割合
あげづめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
来るに何のかのと申しますのを、体好るんで御座いますけれど、もうく来ちや、一頻なんぞは毎日揚詰に為れるんで、私はふつふつ不好なんで御座います。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)