“揚羽”の読み方と例文
読み方割合
あげは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ける、と飜然と来た、が、此は純白の如きが、嬉しさに、揚羽の、羽裏の色は淡く黄に、珊瑚薄紅
印度更紗 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
が、この市井の一些事らしい『揚羽のお艶』の噂が、飛んだ凄まじい事件に發展しやうとは、錢形平次も思ひ及ばぬことだつたに違ひありません。
出口に花をつけたの古木があった。羽の黒い大きな揚羽がひらひらと広栄の眼の前を流れて往った。
春心 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)