“黒揚羽”の読み方と例文
読み方割合
くろあげは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
耳もとで囁き、大きい黒揚羽の蝶が、ひたと、高須の全身をおほひ隠し、そのまま、すつと入口からさらつていつて、廊下の隅まで、ものも言はず、とつとと押しかへして
火の鳥 (新字旧仮名) / 太宰治(著)
黒揚羽花魁草にかけり来る
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
耳もとで囁き、大きい黒揚羽の蝶が、ひたと、高須の全身をおおい隠し、そのまま、すっと入口からさらっていって、廊下の隅まで、ものも言わず、とっとと押しかえして
火の鳥 (新字新仮名) / 太宰治(著)