“揚羽蝶”の読み方と用例
読み方(ふりがな)割合
あげは40.0%
あげはちょう40.0%
あげはてふ10.0%
あげはのちょう10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“揚羽蝶”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 戸外レクリエーション1.5%
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本1.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
舌出人形の赤い舌を引き拔き、黒い揚羽蝶あげははねをむしりちらした心はまたリイダアの版畫の新らしい手觸てざはりを知るやうになつた。
〔出典〕思ひ出:抒情小曲集(旧字旧仮名)/北原白秋(著)
ひらひらと風に吹かるる黄の揚羽蝶あげは立秋も今日は二日過ぎたり
〔出典〕白南風(旧字旧仮名)/北原白秋(著)
腹には揚羽蝶あげはちょうと木の葉がひつかゝり、片足の股の付根にカマキリが羽をひつかけて斧をふりあげて苦闘し、片股に油蝉がかゝつてゐる。
〔出典〕金銭無情(新字旧仮名)/坂口安吾(著)
私は一匹の揚羽蝶あげはちょうをつかまえただけで、昆虫の素ばしこさには手を焼いているから、彼の活躍の後姿を眺めながら煙草たばこをふかしているのであった。
〔出典〕流浪の追憶(新字新仮名)/坂口安吾(著)
さしかざす小傘をがさに紅き揚羽蝶あげはてふ小褄とる手に雪ちりかかる
〔出典〕みだれ髪(新字旧仮名)/与謝野晶子(著)
それとて、役者らしく見える者はわずか四、五人で、揚羽蝶あげはのちょううるしの紋がはげ落ちた衣裳つづらが荷駄の背に二つばかり、小道具と木戸役らしい男が二人、そして馬の背中の荷物の間にはさまっているあだッぽい女と。
〔出典〕江戸三国志(新字新仮名)/吉川英治(著)