みだれ髪みだれがみ
この書の体裁は悉く藤島武二先生の意匠に成れり表紙画みだれ髪の輪郭は恋愛の矢のハートを射たるにて矢の根より吹き出でたる花は詩を意味せるなり 夜の帳にささめき尽きし星の今を下界の人の鬢のほつれよ 歌にきけな誰れ野の花に紅き否むおもむきあるかな春 …
作品に特徴的な語句
にほ はぢろ しふ 殿おとど だち きやう づま きよく 新婦にひびと あけ 美妙みめう 御経みきやう いほ しづ わらは がみ ばこ あひ くれなゐ 片笑かたゑみ 清水きよみづ なれ ぼん 昨夜よべ かゝ 舞殿まひどの 荷葉はす かを むろ をんな 追風おひかぜ 野生のおひ おも 一柱ひとぢ 欄干おばしま 御堂みだう をさ 梅花ばいくわ 秀才すさい をち 御墓みはか つひ 廻廊わたどの すもゝ 上品じやうぼん 永久とは 魔神まがみ ちゝ 大河おほかは あめ ちやう みぎは したゝ いは ぬか とまり 理想おもひ 小笹をざさ 御膝みひざ 今日けふ こひ せな 御衣みけし きよう 下品げぼん 御句みく げん ほのほ 若人わかうど 上羽うはば 上衣うはぎ 舞扇まひあふぎ 永劫えいごふ ばし ひつぎ もゝ はえ ねり 殿との なか 朝夕あさゆふ あけ 昨日きのふ 今宵こよひ 結願けちぐわん 下京しもぎやう 懸想けさう らん 二十はた