“揚羽屋”の読み方と例文
読み方割合
あげばや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は外出したに時々立寄って焚火にあててう家がある。鹿島神社の横手に、一ぜんめし、御休処揚羽屋とした看板の出してあるのがそれだ。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)