“羽黒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はぐろ85.7%
ハグロ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
羽黒少年は救護係であったから、自分がリュックの中に持って来ている、気つけ用の葡萄酒のことをいった。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)
最上川の上流、馬見※崎川のほとりに盃山という丘があるが、そこへ登ると、はるかに朝日岳、湯殿山、羽黒山、月山などがのぞまれた。私は高校時代に一度だけ蔵王山に登ったことがある。
最上川ぞひに ひたすらくだり来て、羽黒の空の夕焼けも 見つ
山の音を聴きながら (新字旧仮名) / 折口信夫(著)