超人間X号ちょうにんげんエックスごう
ねずみ色の雲が、ついに動きだした。 すごいうなり声をあげて、つめたい風が、吹きつけてきた。 ぐんぐんひろがる雲。 万年雪をいただいた連山の峰をめがけて、どどどッとおしよせてくる。 ぴかり。 黒雲の中、雷光が走る。青い竜がのたうちまわっている …
作品に特徴的な語句
せい 山端やまはし 爆薬ばくやく なお だっ りゃく 雷光らいこう 平常へいじょう かつ 頭髪とうはつ きゅう むな なん こころざ こころ 一寸いっすん 一刻いっこく 灯火とうか 万一まんいち とら 空虚くうきょ きず 使者ししゃ 翌朝よくちょう 快方かいほう こう やみ ぬの 山峡さんきょう いさま つの 滅亡めつぼう 洞穴どうけつ 注入ちゅうにゅう だる 生体せいたい 生命せいめい 生物せいぶつ 男体だんたい 破片はへん えが 押入おしい 所在しょざい 悪漢あっかん づな 恐怖きょうふ あや いか 脱出だっしゅつ ゆか 良好りょうこう 巨人きょじん ほうむ 蒼白そうはく しゅう さっ 寝起ねお ぱだか 女体じょたい 誘拐ゆうかい 大池おおいけ 路傍ろぼう つる 道理どうり 収穫しゅうかく 充満じゅうまん 附添つきそい 人造じんそう 頭蓋ずがい 雷鳴らいめい かんむり ひび 冷却れいきゃく 光景こうけい あお 亀裂きれつ 霊魂れいこん かみなり 電臓てんぞう 出現しゅつげん 鉢巻はちま ぼん 碍子がいし 禁物きんもつ 監視かんし まゆ 電撃でんげき 祭日さいじつ 神経しんけい 破砕はさい 稲妻いなずま 電源でんけん 砲弾ほうだん 眠気ねむけ 真暗まっくら