“人造”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じんぞう80.0%
じんそう20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
オルガ姫は人造人間だから、わけのわからぬことをたずねても、だめである。人間ならば、意見をいうであろうが、彼女には、それができない。
地球要塞 (新字新仮名) / 海野十三(著)
宇宙線という恐ろしい放射線が発見されてから、まだいくばくもたないが、人間は恐ろしい生物だ、はや人造宇宙線というものを作ることに成功した。
(新字新仮名) / 海野十三(著)
人造することに成功したということを、まず信じてくれれば、これで話の要点は分かったことになるんだ
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)