“人造乙女”の読み方と例文
読み方割合
じんぞうおとめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この女帝は日本の古今に随一の人造乙女と称すべき女帝で、祖先の三代の女帝の才気も父母の光と勢いもまさしく身にこもっていたような、決して出来の悪くはない作品だったと私は思う。
安吾史譚:02 道鏡童子 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)