“人造犬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じんぞうけん66.7%
じんぞういぬ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
係りの男の外した紙札には、明らかに「人造犬」の三文字が認められてあったではないか。あれほど先刻帆村が面白く見物した「人造犬」の活動写真だったのである。
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そのうちに彼はだ奇抜な一銭活動を発見した。これは「人造犬」という表題であったが、イタリヤらしい市街をしきりに猛犬が暴れまわり、市民がこれを追いかけるという写真であった。
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
人造犬を発明した、これは犬の腹中に電話器、モートル、電磁石、高圧器、真空管、スピーカー等を材料にして、でっちあげた機械がしかけてあるので、大助君の先生も手伝った。
人造物語 (新字新仮名) / 海野十三(著)