“人造麝香”の読み方と例文
読み方割合
じんぞうじゃこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
道傍に並ぶ柱燈人造麝香の広告なりと聞きてはますます嬉しからず。渡頭に下り立ちて船に上る。千住よりの小蒸気けたゝましき笛ならして過ぐれば余波をあおる事少時。
半日ある記 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)