蠅男はえおとこ
発端 問題の「蠅男」と呼ばれる不可思議なる人物は、案外その以前から、われわれとおなじ空気を吸っていたのだ。 只われわれは、よもやそういう奇怪きわまる生物が、身辺近くに棲息していようなどとは、夢にも知ら …
作品に特徴的な語句
紫檀したん 棕櫚しゅろ 一喝いっかつ 溝板どぶいた ちん なだ 造詣ぞうけい 花片はなびら 訊問じんもん 大喝だいかつ 震駭しんがい 効目ききめ 投網とあみ 軽業かるわざ 冥土めいど ます 稀代きだい 佩剣はいけん 鎧戸よろいど 絨毯じゅうたん 屍体したい くわ 跳梁ちょうりょう 蒟蒻こんにゃく 貴郎あなた 非業ひごう さす 疼痛とうつう 胡魔化ごまか 無慚むざん 寝覚ねざめ 煙突えんとつ 口唇くちびる 縊死いし 鼓舞こぶ 小用しっこ 図星すぼし 地団駄じだんだ 陥穽かんせい 天草あまくさ はこ 熟柿じゅくし 諒解りょうかい 什器じゅうき 手応てごた 樟脳しょうのう どう 曝露ばくろ えび 冬瓜とうがん 籠城ろうじょう かわら 洋杖ステッキ 滅相めっそう 灰燼かいじん 大童おおわらわ 文鎮ぶんちん 物騒ぶっそう まさかり 素早すばや 懇願こんがん 横合よこあい 沈澱ちんでん 青褪あおざ わし 丹前たんぜん 面映おもは 素破すわ 一伍一什いちぶしじゅう こぼ 臭気しゅうき 手懸てがか 駿馬しゅんめ 驀地まっしぐら 泡沫あわ 発止はっし 誰何すいか 邸宅ていたく 義侠心ぎきょうしん 鬼門きもん 引籠ひきこも 押入おしいれ 煤煙ばいえん 真只中まっただなか 面窶おもやつ 黄八丈きはちじょう 夜具やぐ 無人むじん 赤煉瓦あかれんが 凹凸おうとつ 貧乏プーア 無遠慮ぶえんりょ 腹匍はらば 御厄介ごやっかい ひび てん 下僕しもべ