“逡”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たじろ37.5%
たじ25.0%
ためら25.0%
しりご12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“逡”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——同じようにたじろいだ街の科学者速水に、素早く耳うちをして愕く必要のないことを教えた。
深夜の市長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
敵も味方も、突然飛びこんで来た怪物に、ソレと気がついてたじろいだ。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
総指揮官の雁金検事はたじろぐ気色もなく直ちに現場附近の捜査を命じたのだった。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
彼は始め階上にひそんでいたが、私たちをうまくやり過ごしたところで階段を下りて逃げだしたが、出口に頑張がんばっていた山城刑事に退路たいろたたたれ、たじろぐところを追いすがった折井刑事に組みつかれ、そこで大乱闘の結果、とうとうばくについたというわけだった。
疑問の金塊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
僕はためらった。尼僧にもせよ、相手は若い女であった。それが一つ床に臥すのはどんなものだろうか。
鍵から抜け出した女 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「あああの手紙だっか。あれは——」と帳場氏は言葉を切ってちょっとためらった。
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
仁右衛門は場主の一眼ひとめでどやし付けられて這入る事も得せずにしりごみしていると、場主の眼がまた床の間からこっちに帰って来そうになった。
カインの末裔 (新字新仮名) / 有島武郎(著)