“狐疑逡巡”の読み方と例文
読み方割合
こぎしゅんじゅん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あまりの沈黙と静謐尨大で奇怪な生命力——それに対すると、私は抱擁せずむしろ狐疑逡巡し警戒するのを常とした。生の讃歌を否定するのではないか——これが私の仏像への危惧であった。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
「案じるな。——許攸が味方へとびこんできたのは、実に、天が曹操に大事を成さしめ給うものだ。もし狐疑逡巡して、この妙機をとり逃したりなどしたら、天は曹操の暗愚を見捨てるであろう」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それというのも、お前達のなる狐疑逡巡す所じゃないか。
華々しき一族 (新字新仮名) / 森本薫(著)