華々しき一族はなばなしきいちぞく
人 鉄風 諏訪 昌允 美伃 未納 須貝 川に臨んだコテージ風の住居の一部分。川を見下ろし、二階への階段をもつ。 六月の末、その晴れた一日、午後四時過ぎ。須貝、未納、二人共軽装。 須貝(椅子に掛けて、ラケットをいじくりながら)兎に角、一遍でい …
作品に特徴的な語句
うっち ほう しめ ねえ ぱし いず いち 如何どう 彼方あっち こしら 目付めっ はず 如何いかが 怪訝おか はずか いじ 前以まえも わたし まか きま 差支さしつか いたずら 揶揄からか 明日あした 素速すば うかが かど 一寸ちょっと 一月ひとつき 下手へた 不味まず 不器ぶき 与太よた しま 亜鈴あれい 仕様しよう 他所よそ 代物しろもの 何方どちら 何時いつ ためし 僥倖ぎょうこう 其奴そいつ たた 只今ただいま あき 周辺あたり しゃべ 土産みやげ ほこり 堪忍かんにん やつ よろ すくな もっと 序手ついで 彼奴あいつ 後先あとさき 後生ごしょう 微笑ほほえ 忌々いまいま 性質たち くや 悪戯いたずら たの おこ はばか 成可なるべ 所為せい 折角せっかく ほう かかわ くく こしら つか 料簡りょうけん 昌允まさたね これ