“序手”の読み方と例文
読み方割合
ついで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私はコンナ風か、コンナ風かと幾度か失望したが、序手にダマされ通しに行こうかと思うている。
人格を認知せざる国民 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
「お手すきがございませんでしょうと、こちらへ序手がありましたものですから。」
童子 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
須貝 序手ですから、も少し聞いて下さると、いい都合なんだが。
華々しき一族 (新字新仮名) / 森本薫(著)