童子どうじ
母親に脚気があるので母乳はいっさい飲まさぬことにした。脂肪の多い妻は生ぬるい白い乳をしぼっては、張ってくると肩が凝ってならないと言って、陶物にしぼり込んでは棄てていた。少しくらいなら飲ませてもよいと云う樋口さんの説ではあったが、私はそれに反 …
作品に特徴的な語句
たま さしつか ひっ 将来すえ ぼん これ どち いっ ひやや 家人うちのひと おっしゃ ぬすみ 微笑わら 湿 うる おさ そっ 仕出しだ こお たん 執念しつこ だい ひろ うっ もっとも 泥濘ぬか 牴牾もど はずか くた しゃぶ 跪座あぐら かわ 使つかい まる じっ 執拗しつこ 大事おおごと きま 弄品もちゃ 憔悴やつ やす あか おそ こわ 襯衣しゃつ しゃが あしうら 躊躇ためら から 逡巡ためら ふく 馴染なじ がちょう 不良わる しま 仄白ほのじろ 仕草しぐさ 何処どこ 何時いつ 俯向うつむ 其処そこ まる しぼ 剰余あまり はげ 勿論もちろん 卑怯ひきょう かえ 口惜くや ども ほっ