“鵞”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
72.2%
がちょう22.2%
あひる5.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鵞”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 詩(児童)14.3%
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学(児童)7.7%
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
狩野永徳かのうえいとくそのほか当代の巨匠きょしょうふでをそろえての間、芙蓉ふようの間、墨梅ぼくばいの間
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ペンはの羽毛を削ったもの、そして瓶はないとみえて、綺麗な切籠硝子きりこガラスの皿にインキ様の液体が載っているのであった。
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
鶏の肉やがちょうの肉、魚、菓実かじつ一樽ひとたるい酒まで買って来て、それをじぶんへやへならべて
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
一週間ほどするうちに、それまで、全く枯野だった草原が、すっかり青くなって、草はめばえ、木は枝を伸し、がちょうあひるが、そここゝを這い廻りだした。
雪のシベリア (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
とりあひるが落ち合うて、
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)