“小野鵞堂”の読み方と例文
読み方割合
おのがどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仮りに、明治の過去に溯って著名な一流書家を例に挙げて見ると、日下部鳴鶴巌谷一六中林梧竹小野鵞堂などがそれに当るといえよう。
小野鵞堂の書風を更に骨無しにしたような、よくいえば流麗、わるくいえばぬらりくらりした字体で、それがまた不思議なくらい封筒の絵とぴったり合っている。
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
近い例としては市河米庵巻菱湖貫名海屋長三洲日下部鳴鶴巌谷一六吉田晩稼金井金洞村田海石小野鵞堂中林梧竹永坂石埭等……みな芸術を解するところがないばかりでなく
書道習学の道 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)