“小野梓”の読み方と例文
読み方割合
おのあずさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
矢野文雄小野梓と並んで改進党の三領袖として声望隆々とした頃の先夫人は才貌双絶の艶名を鳴らしたもんだった。
三十年前の島田沼南 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
その時分義真君が我輩に向って言うよう、私の義弟に小野梓という者がありまして、今は英国に留学しております。
東洋学人を懐う (新字新仮名) / 大隈重信(著)
その時には小野梓君、それから先刻市島君から申された六、七人の大学の人がこの時はまだ卒業はしていなかった、今に卒業しようという前に小野梓君が連れて私の所に六