“小野篁”の読み方と例文
読み方割合
おののたかむら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小野篁の「比良の山さへ」と歌った雪の朝を思って見ると、奉った祭りを神が嘉納されたの霜とも思われて頼もしいのであった。
源氏物語:35 若菜(下) (新字新仮名) / 紫式部(著)
問い弔いを官営として坊主どもをし上げ、また人ごとに一銭の追福税を課し、小野篁などこの世と地獄を懸け持ちで勤務した例もあり
この学校は約千百年前の小野篁の創始だとか。ならば、日本最古の学校といってよかろう。これが明治七年には、現在国宝の蔵書ぐるみ二束三文で売りに出されたこともある。
随筆 私本太平記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)