“小立野”の読み方と例文
読み方割合
こだつの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
淺野川上流を、小立野る、鶴間谷らず、いほどく、暗夜には姿るばかりなりき。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
金沢では外国人は多く公園から小立野へ入る入口の処に住んでいる。外国人といっても僅の数に過ぎないが。私はその頃ちょうど小立野の下に住んでいた。
その頃父は小立野と言うの、のある薬師を信心で、毎日参詣するので、私もちょいちょい連れられて行ったです。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)