“野立”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
のだて50.0%
のだ25.0%
のだち25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二本杉は名高いもので、昔何代目かの将軍が、野立の時を立てられたのだといい伝えられて、白山上からもよく見えました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
御順路の日割によると、六月二十六日鳥居峠お野立て、藪原およびお小休み、木曾福島御一泊。二十七日お野立て、寝覚お小休み、三留野御一泊。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
その蒲生飛騨守氏郷この処に野立せし事有るにりて、野立石とは申す、と例のが説出すを、貫一はきつつ、目を放たず打眺めて、独りに舌を巻くのみ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)