“螢”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
ほたる96.6%
ホウタル1.7%
ホタル1.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りて、薄衣と、長襦袢して、模樣に、に、に、きてすら/\とるにこそあれ。
婦人十一題 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
・なんといつてもわたしはあなたが好きな
行乞記:08 大田 (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)
老年になってく歌をよんだら、そろり新左が、螢が鳴いたということは天下にないとがんばって、すこしけんかめいて来たら、細川幽斎が