“蛍”の読み方と例文
旧字:
読み方(ふりがな)割合
ほたる100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“蛍”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.5%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
蝙蝠こうもりに浮かれたり、ほたるを追ったり、その昔子供等は、橋まで来るが、夜は、うぐい亭の川岸は通り得なかった。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ちらちらに昼のほたると竹垣にしたた連〓れんぎょうに、朝から降って退屈だと阿父様とうさまがおっしゃる。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)