“草取”の読み方と例文
読み方割合
くさとり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
富太郎金三郎深田の葦刈。女中三人は午前つけ。午後裏畑草取。伝太郎をで十一俵買。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
其れを取囲んだ一町四方もある広い敷地は、桑畑や大根畑に成つて居て、出入の百姓が折々植附草取に来るが、の入口の、昔は大門があつたと云ふ、の残つて居るから
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
晝間納屋鎭守日蔭ばかりをうろつく夜遊びはすまでもなし。いのを大事がつて、田圃るにも編笠でしよなりとる。炎天草取などはひもらない。
一席話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)