“草取”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くさとり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“草取”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
卯平うへいなつになれば何處どこでもいそがしい麥扱むぎこき陸稻をかぼ草取くさとりやとはれた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
次いで三年間の草取くさとりに使用する人夫の賃金が一万五千円乃至ないし二万円、これは継続費だ。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)