念珠集ねんじゅしゅう
1八十吉 僕は維也納の教室を引上げ、笈を負うて二たび目差すバヴアリアの首府民顕に行つた。そこで何や彼や未だ苦労の多かつたときに、故郷の山形県金瓶村で僕の父が歿した。真夏の暑い日ざかりに畑の雑草を取つてゐて、それから発熱してつひに歿した。それ …
作品に特徴的な語句
はひり がへ 処女しよぢよ ゆく 莞爾にこにこ やまひ つき よぢ たのん さかし いは ぐわん たう まが さまたげ ある つかは ゑが しやう ぬき さむらひ 遠離をんり 瘢痕ばんこん まへ いはひ おほ あはれ 想出おもひで きやう やな ねがひ すこ ふり 洪水おほみづ 道中だうちゆう とも 躍上をどりあ 女形をんながた かへる むな 喇叭ラツパ いたす よはひ 悪戯いたづら 思当おもひあた 振舞ふるまひ 忿怒ふんど せは 来迎らいがう 強雨がうう おほむ 歿ぼつ 気色けはひ 干魚ほしうを いは 居城きよじやう 寿いのち ぎう 宿とま 宝物はうもつ あね 妊婦はらみをんな いや きふ かご 米沢よねざは 粉河こかは つひ 翁媼をうあう のど あぢは 臓腑ざうふ 同行どうぎやう 倔強くつきやう それ 谿合たにあひ うたひ しき たけなは かね ただし 訃音ふおん 襯衣しやつ 行程かうてい めん よみがへ 饅頭まんぢゆう おも 吝嗇りんしよく よし 丁亥ひのとゐ 口中こうちゆう 驚愕きやうがく 水苔みづごけ 酢川すか 水飴みづあめ 懐妊くわいにん すか