“米沢”のいろいろな読み方と例文
旧字:米澤
読み方割合
よねざわ85.7%
よねぎわ7.1%
よねざは7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
米沢を中心とした置賜の文化と、山形を中心とした村山の文化と、鶴岡酒田を中心とした庄内の文化と、この三つの異る地域がそれぞれに栄えたために
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
檜原山宿に一泊し、岩代羽前の境である檜原峠を越えて、かの最上川の上流の綱木で、そして米沢まで旅次行軍を続けたのであった。
雪の透く袖 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)
そこへ御一新が来、開化のこゑがかういふ山の中にも這入つて来るやうになつた。三島県令が赴任するとたうとう小山の中腹を鑿開いて山形から上山を経て米沢の方へ通ずる大街道が出来た。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)