“米沢訛”の読み方と例文
読み方割合
よねざわなま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
呶鳴っている声には、米沢訛りの濁りがある。左兵衛佐附きの中小姓という役目にある新見弥七郎の声なのだ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)