“水飯”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すいはん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついて来た人々に水飯すいはん饗応きょうおうされ、中将にははすの実などを出した。
源氏物語:55 手習 (新字新仮名) / 紫式部(著)
夏の頃水無瀬殿の釣殿つりどのにいでさせ給ひて、ひ水めして水飯すいはんやうのものなど若き上達部かんだちめ殿上人てんじょうびとどもにたまはさせておほみきまゐるついでにもあはれいにしへの紫式部こそはいみじくありけれ
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
氷の水、水飯すいはんなどを若い人は皆大騒ぎして食べた。
源氏物語:26 常夏 (新字新仮名) / 紫式部(著)
水飯すいはん味噌みそを落して濁しけり
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
そして院が上達部かんだちめ殿上人てんじょうびとと御一緒に水飯すいはんを召しあがったという釣殿はどのへんにあったのだろうと右の方の岸を見わたすとそのあたりはいちめんに鬱蒼うっそうとした森がいしげりそれがずうっと神社のうしろの方までつづいているのでその森のある広い面積のぜんたいが離宮の遺趾いしであることが明かに指摘できるのであった。
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)