“青梅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おうめ68.6%
あをうめ11.4%
あおうめ8.6%
セイバイ5.7%
あおめ2.9%
あをめ2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おれの青梅と眼がついたな、あの金襴織りの守り袋からだよ。ありゃ青梅金襴といってな、ここの宿でなきゃできねえ高値なしろものさ。
青梅に言葉すくなき別れかな
俳句 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
母なる人が、青梅にあたって、月たぬうちに早産したせいだとか。——いわゆる月足らずの子であったとみえる。
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
青梅、酒ヲテ、英雄ヲ論ズ——。さっきから詩の初句だけできているが、後ができない。君、ひとつそれに、あとの詩句をつけてみんか」
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
砂利玉石は玉川最寄から来るが、沢庵重石以上は上流青梅方角から来る。一貫目一銭五厘の相場だ。んだ石をにかけさせて居たら、土方体の男が通りかゝって眼を
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
井荻村といふ名に応はしい趣があつたが、青梅街道をわざわざ馬車でこの別荘へ通ふといふのが、長く外交官生活をした先代郷田謙三の思ひつきであつた。
落葉日記 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)