“玉石”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たまいし71.4%
ぎょくせき14.3%
ギョクセキ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
裾は露に、袖は夜霧に、ビッショリとぬれ果てて、女もさすがに疲れぬいてしまったものでしょう、道ばたの丸い玉石に腰をおろして、ジッと仮面をうつ向けました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その時に当っては玉石共に焼くことがあるかも知れない。何でも構わぬ、一たび破壊しなければとても日本を文明に導くことは出来ぬということであったのである。
いうまでもなく「」は玉石の「」で、その材料の質について言ったもので、その形態のいかんにはかかわらない。
八坂瓊之曲玉考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)