“青梅宿”の読み方と例文
読み方割合
おうめじゅく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
郷里の青梅宿を中心に、その数十里四方を縄張りとし、その夜のうちに数十里をせ戻って、なにくわぬをして百姓をしているから、捕われる最後まで
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
どうあろうと、形だけは、夫婦でありながら、以上に、いあっているこの男女が、とぼとぼと、二俣尾から青梅宿をぬけて通ったのは、あくる日だった。
野槌の百 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それはいま言う裏街道では大菩薩峠の上、青梅宿の坂下、江戸街道の丸山台、表の方では小仏峠の二軒茶屋の裏の林の中と、府中のお六所様の森の後ろと日野の渡し場に近いところ。