“山芋”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やまいも85.7%
やまのいも14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“山芋”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.3%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
山芋やまいもつるや、夕顔の蔓が、垣から手洗い鉢の脚にまでからみついている。その白い花の一つ一つが、夕風にうごき出した。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鵜匠は、突然云い出して、頼朝の帯びている刀を、自分の携えている山芋やまいもつとへ入れ代えてくれた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
到頭湯が島に泊ることに成つた。日暮に近い頃、吾儕われ/\は散歩に出た。門を出る時、私は宿の内儀さんに逢つた。「此邊には山芋やまのいもは有りませんかね。」と私は内儀さんに尋ねて見た。
伊豆の旅 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)