“山芋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やまいも85.7%
やまのいも14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山芋や、夕顔の蔓が、垣から手洗い鉢の脚にまでからみついている。その白い花の一つ一つが、夕風にうごき出した。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
要するに山芋との関係も同じで、立会のうえで甲から乙へ変化するところを見届けぬかぎりは、真の調書は作成しえなかった道理である。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
日暮に近い頃、吾儕は散歩に出た。門を出る時、私は宿の内儀さんに逢つた。「此邊には山芋は有りませんかね。」
伊豆の旅 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)