伊豆の旅いずのたび
汽車は大仁へ着いた。修善寺通ひの馬車はそこに旅人を待受けて居た。停車場を出ると、吾儕四人は直に馬車屋に附纏はれた。其日は朝から汽車に乘りつゞけて、最早乘物に倦んで居たし、それに旅のはじめで、伊豆の土を踏むといふことがめづらしく思はれた。吾儕 …
作品に特徴的な語句
をんな ふか あた こは 父親おとつ ほらあな おり 放擲はうりだ 奈何どん この 母親おつか かゝ にほひ あた 戰慄みぶるひ 老婆ばあさん 心地こゝろもち きつ 老婦ばあさん 補綴つくろ 露出あらは よそ 夕飯ゆふはん 寢床とこ 御座ござい 御酒おさけ 眼前めのまへ 精神こゝろ おなか とこ 闃寂しんかん 附添つけた をか 入浴はいり 地面ぢべた 奈何どう 放肆ほしいまゝ せい 榮螺さゞゑ 歡樂たのしみ 洋妾らしやめん ぬる みん かず 阿爺おやぢ 馬丁べつたう あはび 何物なんに 倚凭よりかゝ わき 其樣そんな なか 内儀おかみ 夕餐ゆふげ 大仁おほひと 宛然まるで よこ 山芋やまのいも 彼樣あん ゆびさ 斯樣こん 晝飯ひる 最早もう 朝飯あさはん 氷柱つらゝ 混交いれまじ 温暖あたゝか 漁夫れふし 畫家ゑかき 疲勞つかれ 眩暈めまひ 翌日あくるひ 脛巾はゞき 茅野かやの 處女むすめ 記憶おぼ 謔語じやうだん ちかづ あか 隧道とんねる 飮食のみくひ 騷然さわが 下瞰みおろ 其樣そん 十文ともん 半里はんみち 口唇くちびる 可畏おそろ 可羞はづか 可羨うらやま 吾家うち 周圍まはり 唐紙からかみ ひきつ うち 小稻こいな