“脛巾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はばき81.8%
はゞき18.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(砧の音。おいよは桶を持ちて井戸ばたへ水を汲みに出る。弥三郎は縁に腰をかけて、藁の脛巾を解き、草鞋をぬぐ。奥よりお妙出づ。)
人狼 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
脛巾脱ぎは恐らく砂払いからの再転で、人が神事から人事に移って行く際にも、何かその境目をはっきりとさせる必要があることを意味したものらしい。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
強い、若い、とは言へけるやうに美しい女同志が、赤い脛巾を當てゝ、吾儕の側を勇ましさうに漕いで通つた。それは榮螺を取りに行つて歸つて來た舟だつた。
伊豆の旅 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
(定重は奧へゆかんとする時、奧より佐々木高綱は頭髻を切りたる有髮僧形。直垂の袴をくゝりて脛巾をはきたる旅姿にて笠を持ち出づ。あとより薄衣、與一、六郎、小萬等は打れて送り出づ。)
佐々木高綱 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)