“可羞”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はづか57.1%
はづかしさ14.3%
はぢがまし14.3%
はづかし14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そのかはり、御蔭で好い事を覺えましたよ——木綿の衣服を着て何處へ出ても、すこしも可羞しいと思はなくなりましたよ。」
伊豆の旅 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
この時彼のき胸は破れんとするばかりけり。て覚えざる可羞の為に、半はなる希望の宿りたるが為に。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
宮の肩頭りて貫一は此方に引向けんとすれば、すままに彼はく身をしたれど、顔のみは可羞けてゐたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
貫一はさすがに驚けり、宮がけて可羞せる膝頭は、く血に染みて顫ふなりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)